医療統計学を学ぶ大学生のブログ

医療統計学、因果推論を専攻しています。R, SASユーザーです。

SASの学習に関して

授業や研究等で個人的にはちょいちょいSASを使っているのですが、来年から有志メンバーできちんとSASをもう一度学びなおそうと思っている今日この頃です。ただSASを学ぶといってもあまり具体的にどうやるかという部分が明確ではないので、まずはどういった学習法、学習環境があるかについてまとめていこうと思います。また一概に言っても様々な目的があるので、今回はデータ加工、統計解析を円滑に行うためにという目的を念頭にまとめます。

想定する製品、環境

SASの学習に当たって、使用を想定するのは以下の二つです。

  • SAS® 9.4 Software
  • SAS® OnDemand for Academics(ODA

ODAについては、システム的にはSAS9.4とシステム上は変わらないので実質的には9.4での作業を想定しています。またODAGUIとして解析の方法を選択して、自分でコーディングせずとも解析を行うことができますが、今回はそういった使い方ではなく、自分でコードを書けるようになるということを考えます。またODAは別記事でも解説していますが、個人利用の範囲であれば無償で利用が可能なので、もしライセンスを持っていない方でSASを勉強してみたい場合にはそちらを使うというのがいいともいます。

自分は、所属している研究室でSAS9.4のライセンスを購入しているので日常的にはそちらを使っています。ただ残念なことに、SASMacOSに対応していないので、Macのローカルに入れようとするときにはVirtualBoxなどを使って仮想環境を作ってあげる必要があるのですが、めんどくさいのでMacSASを使いたいときにはクラウド上で動くODAを利用しています。そろそろMacにも対応してくれると嬉しいのになあとひっそり思っています。

 

オンライン学習

SASのライセンス料も高いですが、開催されているセミナーも数日間で十数万円前後と、学習に関しても特に自分のような学生にとってはなかなかハードルがあるのが現実かなと思います。そんな状況ですが、うまく探せばいくつか無料で公開されている講座や、資料などがあるのでできる限りそれらをうまく活用してSASを学生のうちから触れるようにしようというのが、今回の記事をまとめているモチベーションです。

ということで、今回は無料で使用できるオンライン学習のもののみピックアップして記載をしています。ただ無料で使用可能なものの大部分が英語で提供されていたりはするので、その点はご理解の上でよろしくお願いします。

 

  • Free e-Learningコース

www.sas.com

このe-learningコースの概要、利点としては以下のようなものがあげられています。

  • インターネットを介した実習方式のオンライン・チュートリアル
  • 24時間365日いつでも手軽に利用可能
  • インストラクター付きのコースと同等で、独習向けに最適化されたコンテンツ
  •  SASの専門家がコースを作成・収録

まあ簡単に一言で言うと、オンラインで利用可能な講座です

上の埋め込みからサイトに飛ぶと、下のスクリーンショットのように「SAS e-learningコースの利用方法」というタブがあるかと思うのでクリックしてください。

f:id:NorihiroSuzuki:20211104141845p:plain

 

クリックすると、このように受講できるe-learningコースがまとめられています。サイトのtopには無料で受講可能なものが、下にスクロールしていくと分野ごとのコース(基本有料、一部無料)があります。あとはここから自分に必要なものを選択、受講するといった流れになります。

f:id:NorihiroSuzuki:20211104143410p:plain

 

  • SAS Learning Subscription

正確に言うとひとつ前の項目のe-learningと完全に別物ではないのですが、多少中身や手順が違うので別にまとめています。

www.sas.com

SAS®Learning Subscriptionの特徴としてはおおよそ次なようなものがあげられます。

  • (教員・学生に限らず)SASを学ぶ人のポータル
  • e-Learningなど、認定テストに向けての資料が中心

今は30日間無料で利用が可能で、利用手順としては次の3ステップになります。

  1. SASプロファイルの作成
  2. ライセンス契約に同意、My trainingのページでSAS Learning subscriptionを選択
  3. 受講したいコースの選択

手順を進めていくとこんな感じ。

f:id:NorihiroSuzuki:20211104150208p:plain

 

  • SAS Academic Hub

教員、学生を対象としたオンラインリソース。使用上の注意点としては、利用に当たっての登録には大学ドメインのメールアドレスを使用する必要があります。登録には以下のどちらかから登録を行うことができます。

www.sas.com

www.sas.com

手順としては4つ。

  1. 上記のサイト中のリンクをクリック
  2. SASプロファイルにログイン(大学のメアドを使う必要あり)
  3. ライセンス契約に同意
  4. Hubにアクセス

なおLearning Subscriptionと同様に利用に当たってはVirtual Learning Environment (VLE)、仮想学習環境を使用します。

 

  • SAS Academy for Data Science

このコースは現在30日間無料で使用可能なものとなっています。通常だと$1295/yearっぽいです。利用可能な項目としては大きく三つ

 

  • DATA CURATION PROFESSIONAL

Hadoopを使用したビッグデータの準備など、データキュレーション手法に関するSASトピックをカバー

  • ADVANCED ANALYTICS PROFESSIONAL

予測モデリング、テキスト分析、実験、最適化の手法

  • AI & MACHINE LEARNING PROFESSIONAL

AIと機械学習をビジネスの問題に適用する方法

 

を学ぶことができます。登録は下記の埋め込みから飛んでもらって、ほかの項目と同様に行えばOKです。利用登録後はAcademy内のすべてのコースにアクセス可能となります。ただ個人的な意見ですが、初心者にとってはあまりお勧めではないかなと思います。むしろある程度SASを使っている人がさらなるステップアップ、解析を行うために利用するといった目的のほうが利用には適しているかなと思います。

www.sas.com

 

書籍

この書籍紹介に当たってはSNS上で何名かの方にご意見をいただきました。感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

  • 統計解析ソフト「SAS

日常的にもっとも使っている1冊です。だいぶ分厚い&中身がボリュームあるので、必要になった個所を引くという辞書的な使い方をしています。1~2章についてはSASの基本的な操作を丁寧にまとめているので、この部分に関しては一度一通りやるのがいいかなと思います。

 

  • 新版 実用SAS生物統計ハンドブック

2017年に出た現在のバージョンであるSAS9.4に対応した新版のハンドブックです。
この本の特徴としては、実際にSASを使って解析を回す、解釈をするという点に力が入れられているところかと思います。レベル感としては初心者向けというよりは、統計解析を行いたい中級者~が対象かなと思います。

 

  • データ解析のためのSAS入門

タイトルの通り、初心者に向けての入門書という立ち位置の本だと思います。各章のテーマごとに実際のコードと例題があるといった感じで、最初から順を追っていけば基本的なSASの操作にはあまり困らないかなと思います。個人的な話にはなるのですが、実はこの本を本格的には使ったことはないのですが、来年から始める予定でいるSASの勉強会で使用する教本の最有力候補です。